シトルリンの効果

シトルリンは1930年に日本でスイカの中から発見されたアミノ酸の一種です。

キュウリなどウリ科の野菜には多く含まれます。

オルニチンとカルバモイルリン酸の反応でリン酸といっしょに生成されます。

シトルリン尿症ということばもあり、イメージがよくないかもしれませんが、体の巡りに関して重要な役割を持つアミノ酸です。

シトルリンには一酸化窒素を作り出したり、増やす働きがあり、この一酸化窒素が血管を広げ、血流量を増やす働きがあるのです。

冷え性やむくみの改善、肩こりの改善、代謝が良くなるのでダイエットにも効果があり、
男性の場合は海綿体が充血しやすくなる効果も得られます。

シトルリンタグ : ,

シトルリン関連記事

  1. めぐりをスムーズにするシトルリン
  2. 血の巡りをよくする食べ物
  3. シトルリンの副作用は?
  4. 協和発酵バイオ会社概要
記事一覧